取引所

bitbank(ビットバンク)の評判は?長所・短所を比較してみた

投稿日:2018年2月7日 更新日:

こんにちは、ゆとリウム(@yutolium)です!

現在日本国内に取引所は、14種類あります。

今回はその中の一つである、bitbank(ビットバンク)の評判と、長所・短所を比較していきます。

 

bitbank(ビットバンク)とは?

bitbankは、関東財務局長(仮想通貨交換業者)登録番号 第00004号を取得した国内取引所です。

簡単に言うと、国内で4番目に金融庁に認められた取引所になります。

bitbankの会社概要

社名 ビットバンク株式会社
設立 2014年5月
代表取締役 廣末紀之
資本金 11億3100万円
所在地 〒141-0031 東京都品川区西五反田7丁目20-9 KDX西五反田ビル7F

 

取り扱い銘柄

bitbank

・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETC)
・リップル(XRP)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・ライトコイン(LTC)
・モナコイン(MONA)

6種類のコインを取り扱っています。

また、これらは販売所ではなく、取引所で手数料がゼロで購入することができます。

 

長所(メリット)

1.オルトコインの手数料が無料!

先ほども書きましたが、bitbankではオルトコインを販売所ではなく、取引所で購入できるため、手数料がかかりません。

手数料って意外と高くて、馬鹿にできないですよね。

特に、リップルなど人気の通貨を手数料無料で売買できるのは非常に助かります。

 

2.ハイレバレッジ(最大20倍)のFXが可能

ビットバンク株式会社は、bitbank.ccとbitbank tradeと、2つの取引所を運営しています。

bitbank tradeは追加証拠金なしでBTCFXを、レバレッジ最大20倍で先物取引ができます。

追加証拠金なしとは、「口座に入れた分だけしかお金を損しない」ということで、借金を負う心配がありません。

「FXをやってみたいけど、借金が怖い…」なんて方に嬉しい制度になっています。

 

3.スマホで使いやすいデザイン

bitbankは使いやすいデザインにこだわっています。

PCはもちろん、スマホでも簡単に取引できるようなデザインになっています。

 

4.セキュリティ・安全性に力を入れている

bitbankはマルチシグによるホットウォレットとコールドウォレットの管理体制で、セキュリティ・安全性に力を入れています。

簡単に言うと、仮想通貨の送信に複数人の承認が必要(マルチシグ)な上に、オフラインで仮想通貨を管理(コールドウォレット)。取引きの利便性も高めるために、オンラインでも管理(ホットウォレット)してますよ。という内容です。

加えて、2段階認証とSMS認証も利用できます。

不正アクセスや消失への対策を強化することで、不安を減らせるのはありがたいですね。

 

短所(デメリット)

1.取引量が少ない

bitbankはまだユーザー数が多くなく、取引量も少ないのが現状です。

なので、指値を入れるなどして、希望価格での注文が成立しない場合もあります。

しかし、今後ユーザーが増えていく事で解消されていくので、長期的に考えると心配することはないでしょう。

 

 

登録・口座開設方法

bitbankへの登録・口座開設を順番に確認していきましょう!

 

1.メールアドレスを登録

まずは、bitbank公式サイトにアクセスしましょう。

すると、このような↓画面になります。

メールアドレスを入力し、その下の無料口座開設ボタンを押します。

 

2.送られてきたURLを開く

正しいアドレスで登録できたら、bitbank.ccからメールが届きます。

送られてきたメールに記載されているURLをクリックし、次の画面に進みます。

 

 3.パスワードの入力

今後bitbankにログインするために必要なパスワードを設定します。

「利用規約」「取引ルール」「リスク事項」をよく読み、チェックマークをつけて、登録ボタンを押します。

 

4.基本情報の入力

氏名、生年月日、住所といった基本情報を入力します。

 

入力できたら、”次に進む”ボタンをクリックし、次の項目へ進みます。

 

取引きの目的、職業外国の重要な公認の選択肢、”確認”ボタンを押し、確認画面に進みます。(一般的な方であれば、外国の重要な公認に該当しないでOKです)

 

間違いがなければ、”登録”ボタンをクリックします。

 

5.本人確認書類をアップロード

基本情報の登録が完了すると、本人確認書類のアップロードに進めます。

・運転免許証
・パスポート
・住民基本台帳カード
・在留カード

のいずれかを選び、本人確認資料の表と裏の画像をアップロードします。(マイナンバーカードは使えません。)

緑色のプラスボタンをタップすると、カメラが起動し、撮影とアップロードを同時に行えます。

写真が撮れたら、”アップロードする”ボタンを押します。

 

すると、本人確認書類のアップロードの確認画面に移ります。

写真に問題がなければ、”この内容で登録する”ボタンをクリック。(写真のピントが合っていなかったり、反射していたりすると、再提出になり、登録が遅れてしまう場合があります。このページでしっかりと確認しておきましょう!)

 

6.登録完了!

↓の画面に移れば、登録が完了です!

後日、bitbankから郵送書類が送られてくるので、到着を待ちましょう。

送られてきた書類を受け取って本人確認をすれば、取引が始められます。

 

本人確認にかかる日数時間はどれくらい?

bitbankの郵送確認にかかる日数時間は、1~2週間ほどです。

現在は新規ユーザーが増えているために、ある程度かかってしまうんですね。気長に待ちましょう。

※私の場合、スマホで口座開設の申請をしてから、6日目で家に審査完了のハガキが届きました!

 

おわりに

bitbank(ビットバンク)はオルトコインの手数料がタダなのがとても評判です。

リップラーの私にとっても、かなり助かります!

オルトコインをお得に取引きしたいなぁなんて方は、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ゆとリウム

ゆとリウム

ゆとり世代のガチニート。プロフィール詳細は↓から。ツイッターもやっていますので良かったらフォローお願いします!

人気記事

1

こんにちは、ゆとリウム(@yutolium)です。 仮想通貨を始めるにあたって、「どこの取引所に登録すればいいのか」迷いますよね? そんな方々に向けて、仮想通貨の国内取引所・販売所のおすすめランキング ...

2

  こんにちは、ゆとリウム(@yutolium)です! あなたは、仮想通貨の売買を自分でやっていますよね? 中には、「自動売買プログラムが取り引きしてくれてるんだぜ!」って人もいらっしゃるか ...

3

こんにちは、ゆとリウムです! 皆さんは「ハードウェアウォレット」を使っていますか? 取引所に預けるのもいいですが、できれば自己管理してゴックスを避けたいですよね。 そこで今回は、人気のハードウェアウォ ...

-取引所

Copyright© ニートが仮想通貨で人生を変えようと奮闘する日記 , 2018 All Rights Reserved.